お勧め
GE マネー
楽天モーゲージ
SBIフラット35
自営業者にとっての正しい知識
サブメニュー
お勧めリンク
■税金を滞納している場合

自営業者などが、これから住宅を購入しようと金融機関に住宅ローンの申請をする場合、税金などの滞納があった場合は、審査が通過するのは難しいのでしょうか。

 

例えば、事業で得た収入に対する所得税を滞納していた場合は、基本的に金融機関での住宅ローン事前審査に必要な書類として、直近2〜3年の納税証明書などが必要なことが多いため、延滞税の欄に所得税などの記載が残っていると住宅ローンの審査としては受け付けてもらえないことが多いそうです。

 

同様に、住民税なども役所に行って証明書をもらい、金融機関に提示する必要があるため滞納などの記載がある場合は、審査を通過させることは大変困難だそうです。

 

但し、地方税は交渉次第で減免される場合もありますし、過去の税の滞納であれば各証明書に記載されていない可能性もありますので、そのような場合は審査に影響がないこともあります。

Copyrightc 2008 jyutakuro-n.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。